一光電機株式会社 模擬遮断器・直流無停電装置(香川県高松市)

会社沿革 | HISTORY

一光電機株式会社の歩み

1960年 1961年 9月 高松市天神前163番地にて、創業者 池田 庄平(一夫)が通信機器並びに計測機器等の販売を主体として営業開始 会社沿革
1964年 4月 高松市楠上町1丁目10-6に本社事務所を移転
1966年 10月 高松市多肥下町1141番地に製品受注増大に伴い工場建設
(事務所、設計棟、板金工場など)
1968年 2月 本社を工場所在地に移転
1970年 1973年 1月 配線・組立工場、並びに製品倉庫を増築
1978年 4月 神戸営業所を開設
1980年 1981年 1月 社会情勢のニーズに対応するために、電子部門を開設
1985年 4月 関連会社「(株)一光産業」を設立
1988年 10月 徳島営業所を開設
1990年 1990年 9月 弱電製品の受注増大に伴い第四工場の新築
1992年 10月 香川県香川郡香南町に塗装工場(ベスコ)を新築
池田 晃が代表取締役社長に就任
1997年 1月 香川県香川郡香南町に本社の全機能を移転
2000年 2000年 12月 ISO9001認証を取得
2001年 7月 (株)一光産業を一光電機(株)に吸収し商品営業部とする
2001年 8月 粉体塗装設備を導入
2006年 1月 平成の大合併により住所が香川県高松市香南町となる
2008年 2月 経済産業省のIT経営実践企業認定
2008年 8月 徳島営業所を徳島市大道に移転
2010年 2011年 9月 創立50周年を迎える
2012年 2月 経済産業省のIT経営実践企業認定(2度目)
2013年 4月 「高圧スイッチギヤ(CW型)」評価書 取得
2014年 10月 塗装工場 前処理工程の更新
2015年 3月 塗装工場 上塗り工程の更新